「売上高」に騙されるな!「4つの利益」とは?

採用情報や企業のホームページを見ると「●期連続増収」などのフレーズを目にすることがある。
※増収とは売り上げが増えたということ
これで「おおぉ、儲かっているんだな」と思う学生もいるかもしれないが、誤解してはいけない!

売上高とは、細かく分けると次の図ようになる。

売上高   =当期純利益+税金+特別損益+営業外損益+販売管理費+原価
売上総利益 =当期純利益+税金+特別損益+営業外損益+販売管理費
営業利益  =当期純利益+税金+特別損益+営業外損益
経常利益  =当期純利益+税金+特別損益

例えば、当基純利益が1億円の赤字だったとしても、所有していた土地を売却(特別損益)して3億円を得ていれば、売上高は2億円となる。
※資産は減っている

その会社が「本当に儲かっているのか?」は売上や営業利益だけを見ていてもわからない。

そのためには、損益計算書(P/L)や貸借対照表(バランスシート)を確認する必要がある。

※損益計算書
ある一定期間(通常は一年)において発生した売上などの収益から費用を差し引いて、会社がその一定期間でどれだけ儲け(利益)を稼ぎ出したかを示すもの
※貸借対照表
ある時点においての「資金の調達方法(負債と純資産)」と「資金の使い道(純資産)」を示すもの

関連記事

  1. 失敗しない!企業選び「5ステップ」

お問い合わせ

ロジカル就活事務局 (㈱キーカンパニー)
東京都千代田区飯田橋1-5-9 精文館ビル7階
TEL:03-6261-4378
受付時間/10:00~17:00