投資家向けの情報を使った企業研究(財務諸表編)

こんにちは、ロジカル就活事務局です。

上場企業が投資家向けに公開しているIR情報の中でも、経営に関する数値的指標の代表的な財務諸表について今回はお伝えします。
主たる財務諸表は以下の3つです。

1.損益計算書(P/L)
2.貸借対照表(B/C)
3.キャッシュフロー計算書(C/F)

既に知っている方も多いと思いますが、ザックリとした概要をお伝えします。

まず「損益計算書」ですが、これは会社の一定期間の売上と原価、費用等を取りまとめ利益がどの程度出ているかが分かる、会社の成績表のようなものです。
利益といっても複数の利益の種類があるのですが、重視すべきは本業のもうけを示す「営業利益」ですので、まずはここを押させておくことをおススメします。

「貸借対照表」は、会社の資産に関する情報が集約されています。どうやってお金を集め、そのお金がどう使われているかが分かる会社の「健康診断書」のようなものです。
やや会計や経理の知識がないと分かりにくい点がありますが、資産状況を把握する重要な指標だと覚えておいてください。

最後に「キャッシュフロー計算書」ですが、これが一番難しい指標で、●営業キャッシュ ●投資キャッシュ ●財務キャッシュの3つがあります。
説明すると長くなりますが、ここでは営業キャッシュが「-」となっている企業は要注意だといことだけ覚えておいてください。

この財務諸表は社会に出てからも必ず役立つ知識ですので、就活の機会に最低限のことを学んでおいた方が良いでしょう。

今回のコラムではさわりだけでしたが、もっと詳しく知りたい方は、ロジカル就活のセミナーや個別の就活相談にご参加ください。

関連記事

  1. これは絶対守らないとダメ!「就活の基本マナー」

  2. 失敗しない!企業選び「5ステップ」

  3. グループディスカッション対策! ~基本の心得1~

  4. 伝わる!自己PRの基本「3ステップ」とは?

  5. インターンシップの目的と重要性とは?

  6. 論理的な就活で、納得のファーストキャリアを!

お問い合わせ

ロジカル就活事務局 (㈱キーカンパニー)
東京都千代田区飯田橋1-5-9 精文館ビル7階
TEL:03-6261-4378
受付時間/10:00~17:00